2017年10月16日

魔法のカードの使い方。。。

 
とりあえず専業主婦となりましたので、、、
夫から魔法のカード(クレジット カード)を頂戴した。

なんでも買い放題・・・・ぐふふ。


なんだけど、きっと誰しもが通る道なのかもしれないけれど、
どうも他人のお金使ってるみたいで、、、息苦しい…
ご飯作ったり掃除したりするものは全く申し訳無さは感じないんだけれど、
「これ、買っても良いのかなぁ・・・」というものが結構ありまして。

きっと夫からしてみたら「いらない。」んだけれど、
私が「欲しい。」って思うもの。
例として「米びつ」。
米びつ、というかガラスのジャーが欲しくて。
オシャレ心と密封性を考えて私は結構前から欲しかったんだけれど、
以前ガラスのジャーが欲しい、と言ったときは反応が薄かった…
ダメなわけではないけれど、「どうでも良い」的な感じで。
ま、結果として買ったんだけど。たった今。ポチリと。
値段として1300円程度。

この他にも、、、この前スーパーに買い物へ行ったとき。
私の大好きなチョコレート、「ラミー」が140円で売っていた。(通常価格180円くらい?)
※ラミーは冬季限定のラム酒入ってるチョコです。大好き。

安っ!
と思って、すぐカゴに入れてみたんだけど、
その後「買って良いのだろうか…」という気持ちがふつふつ・・・・
買ったらちゃんと二人で仲良く分けるけれど、
自分が食べたいと思うお菓子を夫のカードで買っていいのだろうか・・・
これは無駄遣いなのか!?とか考え始めたらどうしたら良いかわからず・・・
かくなる上は、先に必要なものをカードで支払って、
このラミーは私のお財布から出そう。
そうすれば罪悪感ゼロだわ!


とか思ってたら、買うことがめんどくさくなって結果、買わなかった。


上記の話を今日、母にしたところまぁ笑われまして。

あんただって家の仕事やってるんだからそれくらい買っていいじゃない。
1万のものをこっそり買うわけでもないんだから。


まったくその通りなんですけどね…
今まで他人様のお金で生活なんざしたことないから慣れないのですよ…


改めて、自分の稼ぎがなくなる恐怖を感じたのでした。。。
でも、今度またラミーが140円で売ってたら、そのときは、買おう。

魔法のカードで。



ocoyama at 21:35|PermalinkComments(0)

2017年10月10日

両親と温泉旅行へ。

昨日今日と両親と3人で温泉旅行に行ってました。
本当は夫も入れて4人で行く予定だったのですが、
転職早々に有給は取りづらいということで、結果3人で。

この温泉旅行。
毎年恒例で私が母の日、父の日、二人の誕生日のお祝いでご招待旅行です。
そして今回は70歳の古希ということで、ちょっと奮発して花火大会鑑賞付きでした。
温泉もとても良いし、ご飯もスーパー美味しく、接客もすばらしい。
3人共々惚れ込んでる旅館です。
なんだかんだで今回で7回目だったのですが、
次はいつ行けることやら。。。。。。
来年は厳しいかなぁ。。。いや、歩き回る前に行っておくべきか。。。

そんなことを考えながら温泉に浸かってました。


先週金曜日で仕事も終わり、今日から毎日がお休みです。
「専業主婦になった」というのが正解なのですが、
まだまだそんな実感はなく、、、、

私が所属していた部署の人達は全員が昨日からアメリカ出張に出ているので、
そのやり取り(LINE)を眺めてたりしては、大変そうだな~と。。。
実際、トラブル続きで大変だとは思うけれど、自由時間とか楽しい時間もあるわけで。
2年前に行ったアメリカ出張を思い出しては、「楽しかったな」と思い返したり。。。

会社員が抜けきるにはもう少々時間がかかるみたいです。


ひとまず、明日は夫の元へ行ってぺったりくっついていたいと思います。
10月。
2人きりの時間を過ごせる最後の月になりそうです。


ocoyama at 21:06|PermalinkComments(0)

2017年10月03日

仕事帰り、最後の夜遊び。


今日は仕事帰りに友達とケーキを食べて来ました。
お互いの誕生日にHARBSのケーキをおごり合う、ということを毎年やっているので、
今年も1ヶ月遅れてしまったけれど、なんとかしてお祝いしたかった。
というか、HARBSのケーキが食べたかった。笑

なんだかんだで18時半から2時間半、パスタとケーキとハーブティを飲みながら、
いろいろお話した。
私の近況も話したけれど、彼女の仕事のこととか、私の仕事のこととか、、、

そして21時半に帰りの電車に乗る。
久々の超満員電車。夜だからお酒臭い。
座って帰れたから問題なかったけれど、この空気は今の私にはやっぱきついなぁと思ったわけで。

22時半。
バス停から降りて、3分ほど夜道をてくてく。

あぁ、この時間に一人でこの道を歩くことは、もう早々ないな。
仕事帰りに友達と新宿でご飯を食べて帰ることも、きっとおそらくないな。

ふとそんなことを思ったら、なんだか泣いてしまいました。
仕事もあと3日。
着々と1つずつ終わっていく今の”当たり前”がなんとも愛おしく。
選んだのは私だから後悔はないけれど、ただただ愛おしい。
いろいろあったけれど、楽しかったな。充実してたな。
独身生活、満喫しまくったな。がんばったよな。



夜道でお腹をさすりながら、
「夜遊びに付き合ってくれてありがとう。」
そんな風に思った1日でした。
 

楽しかった。



ocoyama at 23:32|PermalinkComments(0)