2017年06月22日

私たち、夫婦のこと。


別居婚なのである。私たち。
私は東京に。彼は私の家から車で4時間の場所に。

お互いが移動に苦を伴わない、旅行好きという点があったおかげで、
付き合ってる段階であまり苦痛には感じていなかった。
隔週で私も彼の元へ行っていたので、ちょっとした旅行気分。
平日はがっつり自分の時間。結構楽しかった。

が、結婚、さらには子育てとなるとそうもいかないわけで。
彼は東京で仕事を探そうと現在奮闘中。
もしくは、彼のいる県でもっと東京寄りの場所をご所望。

東京なら仲良く共働き。
彼の住む県なら、、私は専業主婦に。
私は、、、生活に困らないなら専業主婦でも構わない。
落ち着いたら働きたいとは思うけど。


今週月曜日、本命の会社の面接があった。
結果は、、、、、、まだ来ていない。。。


なんとなーくだけど、良い結果の場合ってすぐ連絡が来るって思っていて、
すでに4日も経過してることから、もしかしたらダメだったのかなーなんて思ったりする。
ダメだったとなると、、、仕事探しが長丁場になりそうな気が。

今週、そのことばっかり考えてしまい。。
いつになったら一緒に住めるんだろう。とか、
いつになったら彼の仕事は決まるのだろう。とか。

いろいろと悶々。。。。してたんだけれど、
なんか突然、私の微々たるプラス思考が芽生えてきて。

幸いなことに、現在私は東京で困らない程度に働けている。
やろうと思えば家族3人生活できなくもない。
妊娠中だけど、産休育休ももらえるし、復帰できる場所もある。
理解のある優しい会社、部署の人たちに心から感謝している。

そう思ったときに、突然心が軽くなった。
私は彼のことを信じているので、間違っても家族が露頭に迷うようなことはしない。
ちょっと不器用だから人より時間はかかるだろうけれど、
彼なりに答えを見つけて、彼がやりたい、と思う仕事をGETしてほしい。


昔は年収○○万円以上じゃなきゃ嫌とかいろいろ思ったりしたけれど、
私が婚活時に一番欲しかったものってなんだろう、って思ったときに、
出た答えは、、、「家族」。
私は彼と家族になれて、少しずつ大きくなっている私のお腹にも家族が。
それだけで、、、スーパー、ハイパー奇跡。
今でも、結構信じられないときがある。


そう思えたとき、なんだかとても幸せに感じた。



…でも、やっぱ本命が受かってくれたら、、嬉しいな。
ハッピーなお知らせ、、、カモン。





ocoyama at 23:47│Comments(0)我が人生 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字